「瓦猿(かわらざる)・寝牛」和歌山の郷土玩具、縁起物

取り扱い商品
瓦猿
瓦猿: 一体 1,500円(消費税込み、送料別)
瓦で出来た猿。猿の手には、桃を抱えています。抱えている桃はかわいい子供を意味し、江戸時代より、安産・子授けの祈願で奉納されています。

近年では「瓦猿=変わらざる」として商売安泰・順風満帆の意味を含んでお買い求め頂いています。

1.安産の祈願 2.商売繁盛 3.干支 4.郷土玩具
寝牛
寝牛: 一体 1,500円(消費税込み、送料別)
瓦で出来た牛。寝そべっている牛は草を食べている様子。草=クサ(腫物)を食べてもらうように、祈願され奉納されています。

瓦地の牛は冷たくて腫れているところに当てると気持ちがいいようで、現在ではアトピー等皮膚炎などの治癒祈願にもあわせて奉納されるようです。

1、腫物治癒祈願 2、干支 3、郷土玩具
販売店情報
〇和歌山エリア
 □ 和歌山市観光土産品センター (和歌山城内の一角、わかやま歴史館1F)
 □ 和歌山県立博物館 (県庁近く、県立美術館となり)
 □ 休暇村紀州加太 (和歌山市加太。絶景の宿)
〇東京エリア
 □ 備後屋 (新宿区若松町。日本全国の民藝品を取り扱うお店)
「瓦猿・寝牛の歴史」
起源は江戸時代で、その頃、和歌山市田中町は瓦町と呼ばれ、瓦職人の町として栄えていました。その当時に、瓦職人の内職として始められたものが瓦猿・寝牛です。その頃から、瓦猿は市内有本にある栗林八幡宮境内の日吉神社に安産・子授けの祈願で奉納されていました。猿の抱えている桃は子供を意味し、妊娠するとこれを神社より借り受け、出産がすむと別に一体の瓦猿を買い、二体にして返していました。また近年は「瓦猿=変わらざる」ということで安泰を祈願し、商売のお守りとしても御購入される方もいます。一方、寝牛は市内の津秦天満宮に子供の腫物(はれもの)が治る様にとの祈願で奉納されていました。この寝牛は、牛が草を喰うことから、昔は子供の腫物(はれもの)、つまり「クサ」(皮膚病)を喰わせて治そうという呪い(まじない)に用いられたものです。かつては、同社の床下には奉納された寝牛が、山のように積まれていたということです。
いまは、アトピー等かゆみ封じの治癒祈願としても寝牛が奉納されています。
瓦猿・寝牛
「小梅日記に登場する瓦猿」
川合小梅(1804-1889)という女性が残した「小梅日記」と呼ばれる日記が和歌山県立図書館に大切に保管されています。小梅の父は紀州藩校「学習館」の助教を勤める学者でありましたが、小梅が5歳の時に、この世を去りました。そのため、祖父から漢学を、国学者本居大平の弟子で歌人であった母から和歌を学び、野呂介石の門下野際白雪に絵画を学んで育ちました。この「小梅日記」の中で、瓦猿が紹介されています。
「郷土玩具の製造方法」
まず、瓦地に適した淡路島の土をこねて型に入れます。型から抜き、形を整えたものを、十日間程、陰干しで乾燥させたのち、九百七十度の火を保ちながら、約二十七時間かけて焼き、そしていぶします。瓦猿の場合、焼き上がった黒い瓦地の顔と桃に紅ガラで色をつけます。
「野上家」
伝統ある瓦猿、寝牛を明治初期から守り続けているのが元瓦問屋の当家です。現当主は四代目・野上泰司郎。父である三代目・恵三郎までは直接製造に携わっていましたが、現在は窯元に製造を委託し、当家は管理と販売を行っております。和歌山市内の田中町一帯が瓦町として栄えていた頃は、瓦屋が生業のかたわらに製造していましたが、時代の流れとともに瓦職人も減り、とうとう瓦猿、寝牛を手がけているのは当家だけとなってしまいました。これまでは、特に宣伝をしたり、多くの方に知ってもらおうとは考えておりませんが、欲しいと思い、苦労して探していただける方の存在、また、和歌山の郷土玩具を失くしてはいけないという想いから、ホームページを通じて知っていただきたいと考えました。
「メディア掲載情報」
2015年にMUJI無印良品さんの福缶2015に選定頂きました。
2016年には多数のメディアに取材頂きました。(テレビ和歌山、和歌山新報、朝日新聞、産経新聞など)
MUJI無印良品 福缶2015
MUJI無印良品 福缶2015
和歌山新報 2016.1.1
和歌山新報 2016.1.1
テレビ和歌山 5チャンDO! 2016.1.12
テレビ和歌山 5チャンDO! 2016.1.12
テレビ和歌山 5チャンDO! 2016.1.12
テレビ和歌山 5チャンDO! 2016.1.12
朝日新聞 2016.1.14と1.28
朝日新聞 2016.1.14と1.28
産経新聞 2016.2.25
産経新聞 2016.2.25
「ご注文方法」
商品は、代金引換便で発送いたします。(又は下記の住所にて直接手渡しも可能です。)
送料、代金引換手数料は別途お客様のご負担とさせていただきます。
注文後の製造となる可能性もございますため時間が少々かかる恐れがありますがご了承下さい。
配送途中の破損などの事故がございましたら、現品を当方までお送りください。送料、手数料ともに当方負担で早急に新品をご送付致します。
なお、お客様のご都合による返品・交換は、送料・手数料ともにお客様ご負担でお願いします。
瓦猿・寝牛
代表者
野上泰司郎
住所
和歌山県和歌山市田中町4-112
電話
073-425-1988
FAX
073-426-2751
このページのトップへ